2008年04月22日

モツ焼き「宇ち多゛」は本日も盛況なり

 宇ち多゛は、昔からファンも多く、雑誌や本、テレビやネットでも度々紹介されています。
 が、中で、一際精彩を放っているのが、「宇ち入り倶楽部」です。宇ち多゛ファンの「ちょんけい」さんが管理されているサイトで、これを見たら、私のようなトウシロ(素人)がなんやかんや書くなど、口はばったいことと感じました。

うちだ/並ぶ人々.jpg


 ですから、宇ち多゛に興味のある方は、「宇ち入り倶楽部」 を参照してください。
 それにしても、メニュー一品一品を写真付きで解説した「もつ焼き欄」は、丁寧というか、見事というか、迫力がある。いつも食べているモツの形状って、あんなだったんですね。ツルタレの様には、思わず見とれてしまいました(ツルタレをご存じない方は、「宇ち入り倶楽部」で学習しましょうね)。
 また、「*ウメ割りは5杯半までね」「*灰皿はないのでたばこの灰・吸い殻は下に」など、初心者にはわからない暗黙のルールも教えてくれていて、親切です。それに、宇ち多゛にまつわる「川柳の投稿欄」もなかなか味わい深いです。私は、次の川柳に一票を投じました。

  振り返る ウチイリ○○年 今日定年


□「宇ち多゛(うちだ)」
住所:〒124-0013 東京都葛飾区立石1-18-8
電話:03-3697-5738
営業:平日=14:00〜品切れまで
土曜日=12:00〜品切れまで。日曜祝日定休
メニュー:モツ焼き=¥180〜、モツ煮込み=¥180
ビール(大)=¥510、電気ブラン=¥220

→宇ち入り倶楽部 http://curtain.sakura.ne.jp/uchida/






追記:
「週刊新潮」2009年12月24日号のよれば、鳩山由紀夫総理が仙石由人・行政刷新担当相や落語家の立川談四楼師匠と、「宇ち多゛」を訪問し一杯やったそうです。
 いわくーー、
「この日、12日の総理は現場視察と称し、工場や福祉施設などを回ったのです。まあ、体のいいPR活動ですが、その最後に商店街の視察ということで、この立石にやってきたのです」(政治部記者)。
立石鳩山.jpg

 同誌には、「(官房副長官の)松井(孝治)さんは以前からのお客さんでしてね、仙石さんも、蓮舫さんたちといらっしゃったことがありますよ」という「宇ち多゛」のコメントも紹介されています。
「週刊新潮」は続けます。 
「(総理は)こんな言葉を店に書き残していった。
 《これぞ 味の友愛》
 昨今の混乱を見るに、つくづく脳天気な我が国の総理であった。」
 私の感想は……言葉がありません。




続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。