2008年08月31日

「呑んべ横丁」で安心して入れる店、「おでんや」

 この6月、生まれてはじめて「呑んべ横丁」にある店に入りました。これほど長いこと立石にいるのに、本当にはじめて。

おでんや.JPG


 呑んべ横丁については、「終戦直後の娼婦が現れそうな『呑んべ横丁』の項に書きました。ああした空間ですから、この横丁には、立石ネイティブもなかなか足を踏み入れません。
 でも、その夜は酔った勢いもあり、友人と「よっしゃ、一度くらいは!」ということになったのです。
 そうはいっても、パープル系の看板に「姫」とか「青空」とか「伯爵」とかとか、と書かれているお店は、やっぱり怖い。私たちは、普通の飲み屋の趣がある「おでんや」を選びました。




 時代劇のめし屋のような引き戸を開けて中に入ると、ちょっとした小上がりと、数人座れるカウンター。カウンターの向こうに、40代と思われる男の人が立っていました。この方が、オーナー兼料理人。寡黙な方(無愛想ともいえる。神経質な人は要注意)で、柳橋出身の由。

呑んべ横丁/姫.JPG


 立石再開発計画にしたがえば、呑んべ横丁も近い将来消えゆく運命にあります。そのことを問うと、「おでんや」さんは、「その通りです」と寡黙に答えました。
 氏によると、かつては呑んべ横丁でも年に一回、温泉旅行があったそうですが、今はそれも途絶えてしまったとか。
「えー、温泉旅行? ってことは、ママたちの素顔見ちゃったわけですね?」
 酔いにまかせてそう訊くと、
「はい」
「すっかり後期高齢化しちゃってるから、すっぴんはすごかったでしょ?」
「いえ、私の口からそれはちょっと……」
おでんや」さんは、ますます寡黙になるのでした。

 秀逸だったのは、「春菊」と「海苔」。「春菊」は、おでん出汁で軽く煮たものをたっぷりと。「海苔」は、生海苔をやはりおでん出汁にたっぷり入れた、いわば生海苔のお椀物です。どちらも300円程度だったと思います。
 ふたりで、ビール3本に焼酎2杯、おでん2、3品ずつ(出汁=あご=トビウオ)。これで締めて3千円ほどでしたから、良心的なお店です。






 そうそう、トイレに関して。呑んべ横丁のトイレは共同です。さらに、鍵がないと中に入れません。鍵は、各店が持っているのでお客さん以外は入れない仕組みです。トイレ事態はちょっと暗い感じだったけど、清潔でした。すごぶる酔っていたので、短時間に私は3回も利用した次第です。

おでんや名刺.JPG


 ところで、「おでんや」には電話がなくて、連絡は携帯電話のみのよう。それもどうやら非公開らしい。定休日も決まってないみたいだし、遠くから来るお客さんはどうしたらいいんでしょうかね? ですが、ご心配なく。お店には、名刺が置いてありました。名刺には、ちゃんと携帯番号が書いてあります。番号をゲットしたい方は、まずは一度「おでんや」に足を運びましょう。

 なお、この店は、原則深夜0時まで店内禁煙。煙草好きには、チトきつい。



□「おでんや」
住所:〒124-0012東京都葛飾区立石7-1-7
電話:非公開
営業時間:19:00〜朝4:00。定休日(不定休) 
メニュー:だいこん、ちくわぶ、こんにゃく、じゃがいも他=¥100
たまご、つみれ、ちくわ、がんも他=¥150
はんぺん、すじ、きんちゃく他=¥200
ビ−ル(中瓶)=450円、サワ−各種=300円〜350円
日本酒=「浪の音」純米生1合450円、焼酎=350円

なお、おでん以外のメニューは以下に詳しい。
「酔わせて下町」(http://www5a.biglobe.ne.jp/~nene/


posted by 柳田由紀子 at 11:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。