2012年09月27日

私の好きな店TOP5【悲報/店じまい】第2位「はじめて」(呑んべ横丁)

【悲報/店じまい】「はじめて」が店じまいしてしまいました。悲しい。限りなく昭和だったバーにさらば!


「はじめて」にはじめて行ったのは、2年前の春のことでした。
 それまでに、呑んべ横丁で入ったことがあるのはおでんやだけ。他の店にも行きたいけれど、なんだかちょっと怖いよなぁと思いつつ、ある夕方、私は横丁に足を運びました。

はじめて2.jpg

 すると、ひとつのバーからスレンダーなママがひょこっと出てきました。
 思わず、
「あまりお金がないんですけど、飲みたいんです」
 と言うと、
「あ、そう。うちはね、酎ハイ一杯500円、ビール一本900円、つまみが300円」
 と、極めてクリアなお返事。
 ママがちょい西田佐知子風(ちょいね。過度の期待禁物)だったことにも背中を押されて、思い切ってそのバーに入りました。それが、私と「はじめて」の出逢いです。あれ以来、何度「はじめて」を訪ねたことでしょう。





「はじめて」は、なんといっても店の構造がすごいです。あえて詳細は記しませんが(自分で行って確かめてネ)、ほほぉ〜、こういうのもありか〜っていうか、なんつーか。それから、店の構造と同じくらいママがすごいです。ほほぉ〜、こういうのもありか〜っていうか(笑)。ママのかったるい風情、”覇気のなさ”がたまりません。良くいえばアンニュイ(過度の期待厳禁)。
「はじめて」は、カウンター5席とテーブル1卓のみの小さなバーです。お通し(300円)は出ますが、他にこれといった食べ物メニューはありません。また、カラオケ(1曲100円)もあるので時に歌がうるさいこともあります。それでも足が向かってしまうのは、やはりママ独特の“覇気のなさ”に惹かれる故でしょう。

はじめて.jpg

 しかし、“覇気なし”とはいえ「はじめて」のママはプロフェッショナルです。実は私、大震災の数日後、不謹慎とは思いつつ「はじめて」で飲みました。立石はもとより、都心部でも多くの店が閉じた震災直後にもかかわらず、「はじめて」だけはちゃんとオープンしていました。肝が据わっています。だてに、「はじめて」なんてエロな店名をつけちゃいません。
 その夜、私とママは余震で揺れる中、テレビの震災速報を眺めながら黙々と杯を重ねたのでした。

□「はじめて」
住所=立石7-1-6
電話:03-3691-8060
営業時間:訊いておきます。定休日=日曜、祝日。
メニュー:おつまみ=¥300、酎ハイ=¥500、ビール=¥900






posted by 柳田由紀子 at 09:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京都葛飾区立石7-1-6 です。

http://rp.gnavi.co.jp/5148917/
Posted by Double Eagle @kachinet at 2012年10月09日 01:21
http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=17953

> 「はじめて」の住所を教えてくださりありがとうございました。

どういたしまして。
私、検索魔、引用魔、リンク魔ですので。
Posted by Double Eagle @kachinet at 2012年10月12日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。