2013年02月03日

『葛飾音頭』の民謡樋口流、二代目家元、樋口照栄師匠逝去

『葛飾音頭』の振り付けをした民謡樋口流、二代目家元、樋口照栄師匠が、今年1月2日に亡くなったそうです。享年96歳。
 さんざん踊ったな、『葛飾音頭』。

 ♪さぁさ葛飾、住みよいトコロ〜 
  ほんに よさよさ パラダイス〜

 作曲は古関裕而だってね。いつ作られたんだろう? 私が物ごころついた時には、常に盆踊りの花形だった。



posted by 柳田由紀子 at 18:33| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祖母の事が記事になっていてとても驚きました。
私も葛飾で生まれ育ち、4年前からアメリカに住んでおります。
2012年初めての一時帰国時に私達を待っていたかのように祖母は旅立って行きました。たった1週間の間に。。。
小さい時から近くにいた祖母でしたがいつも踊りの事で頭がいっぱい。きっと天国でも踊っている事かと思います。
盆踊りなつかしいです。
ありがとうございます。
Posted by みほこ at 2016年09月23日 01:51
みほこさま:
コメントをありがとうございます!
わあ! 『葛飾音頭』を振り付けされた方のお孫さんからコメントをいただくなんて光栄です。
よろしければ、おばあさまの歩みを教えてくださいませ。たとえば、葛飾で生まれた方なのでしょうか? また、『葛飾音頭』振り付け時のエピソードなどを話されていましたか?
Posted by 柳田由紀子 at 2016年09月24日 12:08
照栄師匠、新潟県小千谷の出身と聞いてます。
亀有の「小千谷たきざわ」の大将も同郷です。
Posted by Double Eagle @kachinet at 2017年03月16日 22:49
Double Eagleさま:
 コメントをありがとうございます。そうですか、新潟の方だったのですね。新潟→葛飾音頭っていうのも、興味深いですね。
 亀有の「小千谷たきざわ」もネット検索しました。まるでフツーの家のような店内がすごい(笑)。
 実は、私、昨秋から「新潟日報」で「スティーブ・ジョブズが愛した禅僧 乙川弘文」という連載を書いてます。日曜祝日以外、毎日。このお坊さん、もう亡くなったんですが、新潟県加茂市出身だったんです。
 コメントありがとうございました。
Posted by 柳田由紀子 at 2017年03月18日 16:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。