2013年06月23日

Guided Tour 好評、「呑んべ横丁はしごツアー」

 立石北口の線路添いにある「呑んべ横丁」は、地元の人間でもめったに飲みに行くことのない妖しいゾーンです。スナックやバーの扉の向こうに何があるのか? 有り体に言えば、「ぼられるのでは?」という不安が、人々の足を呑んべ横丁から遠ざけます。

呑んべツアーパンフ.jpg


「でも、ポイントさえつかめば、安心で楽しいスナック街なんですよ」
 そう語るのは「葛飾まちづくり劇場」の主宰者で、「呑んべ横丁はしごツアー」のガイドをつとめる福原忠彦さん(35歳、以下福ちゃん)です。福ちゃんは、私同様、『綴方教室』で知られる立石の本田小学校出身。立教大学卒業後、水俣や葛飾区市民活動支援センター、演劇活動を経て、2012年、葛飾を元気にする事業団体、葛飾まちづくり劇場を設立しました。

呑んべ「姫」.jpg


 同団体では、「まちが劇場に変わる『葛飾散策劇場』」や「葛飾あるものさがしツアー」などを定期的に開催しています。呑んべ横丁はしごツアーの主催も同団体で、このツアーは、2008年秋に開催された「呑んべ横丁祭りーー呑んべ横丁を物語る日」の発展型でもあります(「大盛況だった『呑んべ横丁』祭り」参照)。

 呑んべ横丁はしごツアーは、基本的に
 □午後7時〜9時。
 □呑んべ横丁のスナック/バーを3軒巡る。
 □各店、約30分で、飲み物1杯(だから全部で3杯)。
 □参加費は3,000円(おつまみ希望者は+500円)。
 □定員10名。




 5月のある宵、集合場所の立石駅改札口からツアーは始まりました。旗を持った福ちゃんが、改札口にて参加者を迎えます。そして費用を徴収すると、間髪入れずに1軒目のメニューを広げて、「お酒の注文をどうぞ」。どうぞって、福ちゃん、ここ、改札なんですけど😵。

福ちゃん.JPG


 そうこうするうちに、参加者がひとりまたひとりと集まってきました。府中から来た人もいれば、高校の先生(♀)もいます。先生、明日早起きしないでいいんですか?!

 全員集合後、まず北口の元遊郭街に。
 かつての写真を見せつつ、うねうねした露地の一隅に立ち止まっては解説を始める福ちゃん。
「道のこの細さ。私、考えるに、両脇から女の人の手が伸びる、ちょうどいい距離ではないでしょうか」
「道がカギの字になってますよね。つまり、表通りから見えない角度です」
 時折、参加者からも質問が入ります。
「あそこにある、あの『博多』ってスナックは、博多出身の方がやっていらっしゃるんですか?」
「いいえ、宮城の方です」
「???」

人生のスパイス.JPG


 20分ほど旧遊郭街を散策後、呑んべ横丁に到着。ここで、10分の休憩をはさんでいよいよ1軒目の「人生のスパイス」に。この店は、最近できた居酒屋で、呑んべ横丁で唯一、2階にお座敷があります。また、お寿司屋のせがれさんが営むだけあって、魚介類が充実しています。
 と、突然、福ちゃんが飲み食いするツアー参加者を前に、人生のスパイス・オーナーの人生をひとり芝居し始めました。すっかりイタコ状態です。私はまったく知らなかったのですが、このツアーは、各店で各オーナーの人生を福ちゃんが演じる趣向になっているようです。

知花子.JPG


 早30分経過で、2軒目のバー「知花子」に移動。知花子さんは、“呑んべ横丁の知性派”と称されるママで、店内にも高級感が漂います。ドリンクが行き渡ったところで、福ちゃんが知花子さんの人生を語り始めました。
「あたし? あたしがスナックを始めた理由はねえ〜」
 ショールを羽織っての熱演であります。

 そして、またまた30分が過ぎて、最後の店、「伯爵」へ。3杯目のドリンクが配られて、参加者はそろそろいい心持ちになってきました。

伯爵.JPG


 そんな参加者を前に、
「伯爵ってのはね、この店を開店した頃、日野自動車のコンテッサ(伯爵夫人)って自動車が流行ってて。そこに、お客様は伯爵、私は下僕って意味も込めてね」
 と、伯爵夫人ジョータイの福ちゃん。いよいよ凄いことになってきました。
「昔の呑んべ横丁は、すれ違うと身体がぶつかるほど混んでいたわ。うちだって、女の子が3、4人いたの〜」

 夜9時、こんな風にしてツアーは終了しました。参加者は残るもよし、先の店に戻るもよし、帰るもよしの呑んべ横丁の宵ーー。
 で、先生、翌朝、起きられました?

呑んべ横丁は、原則共同トイレですが、知花子伯爵の2軒だけは、店内にトイレがあります。

残念ながら、「呑んべ横丁はしごツアー」は現在休眠中。





→このブログには、他にも呑んべ横丁立石の赤線
戦中の産業戦士慰安所
戦後の占領軍用慰安所に関する記事があります。


posted by 柳田由紀子 at 12:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367272936

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。