2014年03月03日

ラスベガス、シーザーズパレス・ホテルのバッフェで「ハチノスの和え物」を食べた!

 先月、ラスベガスで評判のシーザーズパレス・ホテルの「バッカナル・バッフェ」に行きました。いや〜、感激しましたね。なぜって、ハチノスの中華風和え物があったんですよ。しかも茹で具合といい、調味といい絶妙でした。さすがはバッカナル! 

ハチノスの和え物

 詳細は→「すんごいバッフェがあったもんだ! ラスベガス、シーザーズパレスのBacchanal Buffet(バッカナル・バッフェ)」





posted by 柳田由紀子 at 06:37| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね!いいですね︎やはり調理法自体が次元が違うのもあるかと、当然思いますが、やはり食材のアメリカ牛の胃袋の質が違うのでしょうね。和牛のそれとは比較して。
Posted by 生つばが牛の様に出る、那須塩原の松じー at 2014年10月17日 14:27
ハチノス自体は、和牛もアメリカ牛も変わらないと思います。牛の胃袋で違うのはセンマイですね。アメリカのは白いんです。皮をむいているわけじゃないのに。いつも不思議に思っています。なんで白いんだろう? 
Posted by 柳田由紀子 at 2014年10月18日 03:32
韓国焼き肉又は、モツ焼き屋に行った時、何故、せんまいだけ白いのか質問してみます。
Posted by 調べてみます、那須塩原の松じー at 2014年10月18日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。