2015年10月08日

私の好きな店TOP 5、第5位「鳥房」

 京成立石駅のひとつしかない改札を出ると、目の前にふたつ階段が現れます。左が北口、右が南口。どちらの出口から降りても、鼻先にぷ〜んと揚げ物の香ばしい匂いが漂ってきます。南口にあって、この匂いの主なる発生源は、精肉店「愛知屋」。そして、北口の匂いの正体は鳥専門店の「鳥房」です。

鳥房唐揚げ.jpg

 駅前商店街の北口側にある鳥房も、「宇ち多゛」「栄寿司」同様、メディアに取り上げられることの多い有名店です。また、この店は、ふたつの顔をもっています。商店街に面しているのが、鳥を専門に小売りする鶏肉屋さん。そして、ぐるりと回った裏側が、豪快な「鳥の半身を揚げた唐揚げ」がウリの小さな酒場です。
鳥房.jpg
illustration/山崎まどか

 なーんだ、単なる唐揚げか、と思わないでください。その香ばしさ、モイスチャー度、塩加減……どれをとっても、“鳥の唐揚げのあるべき姿”を、鳥房のそれは具現化しているのです。しかも、値段はたったの600円前後。前後というのは、その日に仕入れた鳥の重さによって価格が決められるからです。鳥房では、この唐揚げのことを「マル」と呼びます。だいたい毎日、大、中、小、3サイズのマルが揃います。
 揚げたての半身は、熱くてさばきづらいのですが、「初めてです」と伝えれば、おねえさんが、半紙や割り箸を使って、食べやすい大きさに分ける方法を伝授してくれます。また、食べきれなかった時は、「持ち帰りたい」と伝えれば、ビニール袋を渡してくれます。




 唐揚げの他に、鳥サラダ(写真左/ササミをさっと湯がいて、お刺身風にしたものを、キュウリや湯通ししたネギと一緒に、マヨネーズで和えたもの)、ポン刺(鳥サラダと同様に下処理した鶏肉を、薄造りにして、タカのツメやネギ入りのポン酢をかけたもの)も絶品です(ともに530円)。
鳥房 サラダ

 また、酒類を注文すると、ツキ出しとして鳥皮煮がサービスされますが、これが大変おいしい。ただし、ツキ出しは、あくまでアルコールを注文した者だけに与えられる”無償の愛”です。いつだったか、私は“超”宿酔いで鳥房に行ったことがあります(宿酔いで唐揚げ喰うか、と我ながら呆れます)。ビールを見るのも嫌だったので、ウーロン茶を注文すると同時に、「あの〜、お支払いしますから、お願いだからツキ出しを食べさせてください」と低姿勢に頼みました。しかし、答えは「不可」。「お酒注文しないとダメよ!」なんだそうです。

 鳥房は非常に混んでいます。週末は3時開店ですが、先日、3時に行ったら即満席になり、5時前には、唐揚げがすっかり売り切れてしまいました。たったの2時間の早業。昔から繁盛していたお店ですが、ここまでではなかった。立石ブームの一端です。
鳥房きょうぎ.JPG

 このように、店内で唐揚げを食すのは日々困難になっていますが、“裏技”があります。表の鶏肉屋で買って、家に持ち帰ればいいのです。確かに、揚げたてをその場で食べるに若くはないのですが、持ち帰り用は、折り目正しく経木で包んでくれますから、包装を開いた途端、木と鳥のなんともいえない香りを楽しめます。ただし、店売りも、最近では早めに売り切れてしまうようですから、あらかじめ電話で予約しておいた方が無難でしょう。

 なお、唐揚げに注目が集まり、鶏肉店サイドの影が薄くなっていますが、どっこいみなみな新鮮で素晴らしい品物です。私は、よく鳥モツを購入して、鳥モツ鍋をこさえます。
torifusalowlow.jpg

 最後に、ひとつ気になることを。
 鳥房は以前からけっこうルールに厳しく、たとえば、靴の脱ぎ場所、コートやカバンの置き位置、注文のし方他、いくつかの掟があります。広くはない店舗に、多くの客がつめかけるのですから致し方ありません。しかし、最近は、おねえさんたちがそのルールを伝える様が、いささかエラすぎるように思えてならないのです。そのため、店内に過度のテンションが張りつめているような……。誰だって、緊張して唐揚げを食べたかぁないヨネ。
 とはいえ、そんな不満を抱えながらも、ついつい我慢できずに寄ってしまうーー“鳥房力”はそれほど強度です。

□ 「鳥房
住所:〒124-0013 東京都葛飾区立石7-1-3
電話:03-3697-7025
営業:平日16:00〜21:00、
土日15:00〜20:30。火曜定休
メニュー:鳥サラダ、ポン刺し、鳥わさ、鳥ぬた=¥530
鳥の半身揚げ(マル)=¥600前後
ビール(大瓶)=¥560、生冷酒、ワイン=¥650




追記:この秋、久しぶりに鳥房に行きました。お店の対応が最低でした。えばりちらしていて、すんでのところでキレそうになりました。私はもう行かないと思います。店売りのお土産を買って平和な宵を送ります。(2015/10/08)





posted by 柳田由紀子 at 20:19| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立石いいですね。
お名前はわかりませんが、とても魅力的なブログですね。
ときどき覗かせていただきます。
Posted by ぼうずコンニャク at 2008年04月27日 21:28
栃木県の田舎から出てきて食べに行きますので確実な情報が欲しかったところです。有り難うございます。今から勝手に立石の町を想像しています。鳥房楽しみです。
Posted by 那須塩原市の松じー at 2014年09月30日 14:59
店内に緊張感が漂うのは、ただし敬遠したいところですけどね。土曜、日曜を避けて平日の昼1番に入る様にします。靴の位置迄ピリピリされたら叶わないです。間口が狭いのはお互い様なのではなかろうか?皆で気持ちよく。
Posted by もうひとつ那須塩原市の松じー at 2014年09月30日 15:06
 コメントをありがとうございます。

 「平日の昼一番」とのことですが、16時からなのでご配慮を。せっかく栃木県から来られて、時間が無駄になりませんように。時間のことは、鳥房に電話で再確認してくださいね。
 
 ピリピリ感はいただけないのですが、味は抜群です。では、良き立石体験になりますように!
Posted by 柳田由紀子 at 2014年10月01日 03:36
ご丁寧に有り難うございました。柳田様の愛する町立石の愛するお店。やはり美味しいだけで無くてお店全体に魅力が有るのでしょうね。益々覗いて食べて見たくなりました。魚次も良さそう。まだ鱧の季節ですものね。
Posted by ご丁寧に有り難うございます、那須塩原市の松じー at 2014年10月02日 17:23
今日鳥房初体験!和やかでお姐さん達もチームワーク良く楽しめる鳥屋さんでした。鳥サラダ、ポン酢刺し、そして今日連休で混んでて素揚げは後、何分ときっぷ良く。それなら新香をツナギに。とても和気あいあいで柳田さん、ワクワクしたの久し振りでした。素揚げも熱々、肉しんなり。妻も驚きました。他の皆さんも食べ終わる頃にはニコニコ顔。成る程これが柳田さんの謂う処の鳥房力だな!立石の人達は、東京らしく無い位、人なつこいんだなー。
Posted by 今日、鳥房初体験。那須塩原市の松じー at 2014年10月13日 02:37
良かった!
Posted by 柳田由紀子 at 2014年10月14日 02:00
柳田さんのブログをお借りして。皆さ〜ん!鳥房のお姐さん達を居丈高って他のブログに載ってましたが。待ち時間から、注文の品が出来る迄の時間から、下足番迄、よ〜く気を遣って下さり(ちなみに私が入店したのは連休の谷間の夕方、凄い列)、とても感じ良い空間でしたヨ〜!!他のお客も和気あいあい。安心して立石鳥房行きましょう!!!
Posted by 出しゃばり松じー at 2014年10月14日 06:03
私が行った時は、あまりにお店の人の態度がタカピーで、怒鳴って帰ったお客様もいました。さまざまなブログでも批判されているようなので、心機一転、接客方針を変えたのか、あるいは、スタッフを変えたか? とにかく良いことですね。
Posted by 柳田由紀子 at 2014年10月14日 06:47
はい、本当に良いことです。皆さん誰もが幸せになって帰るなんて素敵ですね。
Posted by 那須塩原の松じー at 2014年10月14日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94886948

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。