2008年04月30日

私の好きな店TOP 5、第3位「ミツワ」

 モツ焼きの「宇ち多゛(うちだ)」立ち食い寿司の「栄寿司」、そして、鳥の唐揚げの「鳥房」ーー「立石飲食界のイノ・シカ・チョウ」であるこの3軒に、ある人は、モツ焼き「ミツワ」を加えて「立石四天王」と称します。それに対して、別の者は、「いやいや、モツ焼きならミツワより『江戸っ子』だよ」と異論を唱えます。

ミツワ.jpg

illustration/山崎まどか

 宇ち多゛江戸っ子ミツワも、みんなとっても優秀なモツ焼き屋さん。でも、そんな3強にあって、私のベストはミツワです。

ミツワ/白たれ.jpg

 モツ各種の中で、私がいちばん好きなのがシロ(豚の大腸)なんですけど、ミツワシロ(写真左)は、厚すぎず、薄すぎず、かたすぎず、柔らかすぎず……絶妙だと思います。また、ナンコツもべらぼうにおいしいです。「富士には月見草」ではないですが、私見では、「シロにはタレが、ナンコツには塩がよく似合う」と思います。
 モツ焼きメニューは他に、カシラ、タン、レバ、ハツなど(2串=200円)。ガツ生などの生もの(実際には、湯がいた後に冷やしたもの。それを、ニンニクやショウガ醤油で食べる)も新鮮で素晴らしいです。なお、ミツワというと、どうしてもモツに集中しがちですが、お刺身の盛り合わせ(500円)も、質量ともに値段からは想像もできない充実度です。





 場所は、立石仲見世商店街内。京成立石駅から来ると、二股に分かれた入口の西側の右3軒目。右側の最初のお店が栄寿司、左側2軒目が宇ち多゛で、ミツワはその斜め前です。 

みつわ3ローロー.jpg

 実を言うと、ミツワ仲見世の共同便所の“ま隣”にあったりします。その上、寒い冬場でも、なんだかとっても筋金入りなおじさんたちが、店の外で、ビール箱などをテーブルにして飲み食いしていることが多いので、長い歳月、私にとってミツワは敷居の高い存在でした。

ミツワ/かしら赤み.jpg

 だから、私はずっと、持ち帰りを常としていました。ところが、この数年、「店内が大忙しなので、今日は、持ち帰りは勘弁してね」と言われるようになっちゃったんです。
 そこで、この春、とうとうミツワデビューを果たしました。すると、長年見慣れた外観から予想していたより店内は広く、4人がけのテーブルが5つと、奥には10名くらい入れそうな座敷まである(この座敷、予約可とか)。照明は、いかにも昭和三十年代を感じさせる裸電球で、そのくせ、最新薄型のテレビが設置されていたのが、ミスマッチで良かったです。

みつわ黒板.jpg

 そう、ミツワにはテレビがあるんですよ。
 これって、けっこうポイントが高いのでは? だって、一杯やりながら、相撲や野球を見たいじゃないですか。そういった呑み助の気持ちを察してくれる、やさしい空気がこの店には流れていて、そんなところも私は好きです。
 かつて、ミツワについて、「宇ち多゛が品切れ後、あぶれた人が行く店」なんて陰口を叩く者が皆無だったとは申しません。しかし、現在のミツワにこの言葉は通じない。まったくのお門違い、無礼千万なのであります。

□ 「ミツワ」
住所:〒124-0013 東京都葛飾区立石1-18-5
電話:03-3697-7276
営業:平日17:00〜22:30
土曜16:30〜22:30。日曜祝日休
メニュー:シロ、ナンコツ、タン、
カシラ他のモツ焼き(2本)=¥180
煮込み=¥270
刺身盛り合わせ=¥500
焼酎ハイボール、ウイスキーハイボール、日本酒=¥320
ビール=¥520(大)¥450(中)





追記:
 2月末から半年ぶりに立石に戻っています。5週間いますが、立石はいよいよご健勝で何よりです。
 いやあ、ミツワ、ますます混んできましたね。でも、感動したのは、お店のみなさんの接客の良さです。あそこまで繁盛すると、勘違いして高飛車な態度に出る店が多いのですが、ミツワは本当に素晴らしい。とくに、焼き担当のおかあさんの迅速でありながら、「お客第一」の姿勢には頭が下がります。
みつわ1ローロー.jpg
 今回の帰国では、4度通わせてもらいましたが、ある時は、とうとう「ひとりミツワ」までしてしまいました。それでも、居心地が良かったのは、お店の方々のおかげかと。
 ところで、開店を待つ行列に並んでいる間に、ひとつ気づいたことがあります。お店の窓ガラスに、なんとお洒落な「M」の文字がーー。あれって、偶然? じゃないですよね??
2009年春

追記:
「Engine」は、私がいつも寄稿している新潮社の月刊誌です。実は、新潮社時代、最後に配属された編集部もここでした。
女はモツ.jpg
 ある日、その「Engine」から「モツ女、ヤナギダが薦める東京のモツ屋を選べ!」との指令。
 そこで、私は、「豚、牛、鳥」のモツがおいしいお店を各1店ずつ選びました。もちろん、豚は「ミツワ」です。ちなみに、牛は浅草「幸福」、鳥は白金「酉玉」を紹介しました。

 ミツワさんに取材依頼にうかがうと、
「うちはさぁ、普通のことやってるだけなんだよ。取材なんて、大げさなことはやめてくれよ」
 と、おにいさん。
 おかあさんも、
「こんな垢抜けた雑誌に載るような店じゃないのよ」
 と、「Engine」をひと目見るなり笑っていました。
 ただでさえ忙しいお店なのに、取材するのは大変はばかられたのですが、わがままをきいていただきました。
 ミツワ・ファンのみなさん、ご迷惑をおかけしますがお許しください。でも、今後は、「Engine」読者のべっぴんさんが増えると思うので勘弁してね。

→浅草「幸福」http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003688/
→白金「酉玉」http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13005504/
posted by 柳田由紀子 at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95205599

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。