2012年12月06日

「鳥房」が消える?  進行中の京成立石駅、鉄道立体化計画

train2lowlow.jpg 立石の名店の数々が影響を受ける計画が、今、進行しています。「京成押上線連続立体交差事業=京成立石駅、鉄道の高架・立体化計画」です。
 簡単にいうと、現在、京成押上線の線路は、青戸(下り方面・立石の隣駅)と四ツ木(上り方面・立石の隣駅)間だけが地面レベルになっているのですが、それを高い位置に敷き直そうという計画です。

 実は、この話はもう30年も前、私が子どもの頃から立ち上がっていました。しかし、浮かんでは消えを繰り返していたので、ちょっとした“オオカミ少年”状態になっていたのです。ですが、先日、葛飾区役所に問い合わせたところ、計画が、確実に実現に向かっていることがわかりました。




 区役所によれば、計画の認可が下りたのは平成14年。実行までのスケジュールは以下です。

1) 平成24年を目標に、現在の線路を北側にずらし臨時線路とする。
2) そのために、駅の北側の用地を所得する。
3)現在の京成立石駅、および線路の場所に立体化した新線路を完成させる。
4)北側の臨時線路を取り払い、区道として整備する。


 現状は、2の段階で、区役所の方は、「相手のあることなので強制はできない」と説明していましたが、その話しぶりから、「用地所得」がかなり進行しているという印象を受けました。街づくりポスター.jpgつまり、この計画がこのまま進めば、間違いなく、鳥半身の唐揚げで有名な「鳥房」やモツ焼きの「江戸っ子」、そして「呑んべ横丁」などが立ち退くことになります。

 なお、南口の仲見世商店街は、「京成押上線連続立体交差事業計画」の対象ではありませんが、別の再開発案が協議されているといいます。

 本当に、立石から、”昭和が薫る”駅前の光景が消えてしまうのでしょうか? 認可が下りている以上、もう後戻りはできないのでしょうが、私は、信じられない、信じたくない、そんな思いでいっぱいです。

□ 葛飾区役所街づくり推進課鉄道立体担当係
住所:〒 124-8555 葛飾区立石5-13-1 葛飾区役所3階 303番窓口
電話:03(3695)1111 内線3403
Fax:03-3697-1660


柳田由紀子の本/紫


posted by 柳田由紀子 at 00:22| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(1) | 再開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
認可なんか下りていません。
(但し、駅前広場は都市計画決定されています。
東京駅八重洲口の交通広場に匹敵する3800u。
そんなもの必要か?!
京成線の高架化も)
現在、北口は再開発準備組合の段階です。
南口は勉強会。
その準備組合の設立に際して、区議会での「いつ設立するんだ?」という質問に対して、区当局は「存じません」と言っておきながら、その数日後の設立総会に区長はじめ、幹部職員が出席したそうです。
(本来、理事長は地権者、在住者でなければならない筈なのに、他所に住んでいる方です)
初めからボタンの掛け違いです。
コミュニティなんかガタガタです。

区民と区長の意見交換会
「安全安心なまちづくり」 その1
http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=32062

なんで、そんなことするかなぁ〜〜〜
Posted by Double Eagle @kachinet at 2013年03月20日 22:05
わたしは賛成派というより、高架されるというので引っ越してきました。
私にとってはただの時代遅れでシャッター商店街にしか思えません。
私の父は立石生まれでしたがそんなに愛着をもっていません。
使いづらい駅舎なので少し遠い四ツ木を利用しています。
Posted by 東立石住民 at 2013年07月31日 16:54
なるほど、そういうご意見もあるでしょうね。
次回帰国したら、高架済の四ツ木駅を利用してみます。
Posted by 柳田由紀子 at 2013年07月31日 17:11
四ツ木駅が現在の辺鄙な場所になぜなったかを知り大変驚きました。今回の高架工事の遅れと関係有のような気がします。
Posted by 東立石住民 at 2014年06月12日 22:49
東立石住民さま
 コメントをありがとうございます。
 私は、なぜ「四つ木駅が辺鄙な場所」なったのか存じません。理由をご教示いただけますか?
 また、「高架工事の遅れと関係有」の部分も教えていただけるとうれしいです。
Posted by 柳田由紀子 at 2014年06月20日 04:24
通りすがりのものです。

立石で商売をしている人たちが、後継も含めて未来永劫、昭和レトロを維持して商売をし続ける覚悟があるのなら、再開発そのものを中止するというのも一つの選択肢だとは思いますが、京成高架化が待ったなしなら、再開発そのものは避けられないのかもしれませんね。

どういう街にしたいのかは、住民同士や住民と行政での話し合いが、とてもじゃないけど少ないので、再開発が成功すると確信はもてないですが。

交通広場は失敗すると断言できますが。

金町の交通広場も無駄に広いし、新小岩駅全体の改良工事がまだだとしても、新小岩東北広場の閑散ぶりをみれば、立石に馬鹿でかい交通広場はいらないと思いますが。

交通広場が必要なのは、京成のターミナルである青砥だと思いますが、あそこの地権者は高架には賛成でも、交通広場には反対だったみたいですが、第三者から見たら、青砥に交通広場を作らなかったのは、大失敗としかいえません。

立石はターミナル駅じゃないですから、広い交通広場を作っても、立石起点のバス路線なんか採算取れないでしょう。無駄ですね。
Posted by 喝!鹿 at 2014年07月18日 00:04
「新小岩東北広場の閑散ぶり」ーーこの五月、取材のために毎日のように新小岩にある武蔵川部屋に通いました。立石からバスを使ったので東北広場を利用したわけですが、本当に閑散としていて驚きました。立石にあのようなものは必要ないですね。
 立石駅前の場合、地権者とお店のオーナーが必ずしも一致していない点が悩ましいところです。地権者の多くは、税制上もお得なこの際に売ってしまいたいと考えているようです。
Posted by at 2014年07月20日 06:14
立石にバスタ-ミナルとかそれに伴う広場は全く無用です。立石ファンは関東各地にものすごくいます。これがある種の近代化と称して、訳の分からない開発をすれば、地元以外の人は誰も行かなくなるのは目にみえています。
今こそ昭和レトロ文化を残すべきです。近辺のご商売の方々もこの点を考慮してください。
立石の良さを無視して、近代化すれば商売が駄目になる事は目に見えています。熟慮して下さい。個々の改善は各店の対策でやって下さい。
Posted by 切石 弘士 at 2014年12月05日 19:56
切石弘士さま
コメントをありがとうございます。
過日も栃木の方からコメントをいただきました。そうですが、「立石ファンは関東各地にものすごく」いらっしゃるんですね。
「訳の分からない開発」が進行しないことを祈るばかりです。
Posted by 柳田由紀子 at 2014年12月05日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

そこは「立石地区センター」があった場所
Excerpt: 立石の風景がどんどん変わっています。 こちらは立石駅北口。ちょうど駅前です。 立石地区センターもついに取り壊されてしまいました。 (現在は餃子の蘭州の前の駐輪場の位置に一時うつっています。) すで..
Weblog: ふっきーの演劇ワークショップ日誌
Tracked: 2010-05-29 10:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。