2012年12月06日

仲見世商店街もなくなっちゃうの?

 着々と進められている「京成立石駅、鉄道の高架・立体化計画」。私が取材した感触からいえば、この計画が後戻りすることはもはやないでしょう。したがって、北口駅前の風景が、近い将来がらっと変わる(変わってしまう)ことは避けられません。

まどか 京成電車

illustration/山崎まどか

 一方、現在協議中なのが、南口にある仲見世商店街の再開発。数年前、「栄寿司」に寄った際に、私は、ご主人に、「噂されている仲見世の建て替え」について尋ねました。ご主人の答えはーー「進んでるよ」。なんでも、高層ビルを建てて、その中に店舗を入れるような計画であると、話してくれたように記憶します。




 しかし、ここ最近の「立石ブーム」の影響を受けて、仲見世の再開発に異議を唱えている店主もいます。彼らの論理は、「仲見世ひいては立石に活気が戻ってきたのは、“昔っぽさ”が残っているから。それなのに、どこにでもあるようなビルにしてしまったら、元も子もない」というもの。私も同感です。

 ただ、そうはいっても建て替えが避けられない状況にあるのも事実です。
 それは、
◆仲見世のある立石一丁目が、東京都が定める建物倒壊危険度5であり、
◆都内5073町丁目中で32番目の危険度と認定されているからです。
 つまり、立石一丁目は、東京都で32番目に壊れやすい街ということです。ちなみに、東京都が発表している地域危険度は5段階評価で、5が最も「危険」です。

再開発反対 古書上々堂さんは、仲見世商店街の理事長を訪ね、丁寧な記録を自身のブログに掲載されています(私は、このブログではじめて、仲見世の前身である戦後の闇市が、「田んぼを埋め立てて造られた」ことを知りました)。古書上々堂さんは、「人命に関わる問題」なので、「結論から言うと、立石仲見世通り商店街はおそくて10年、早いと5年のうちに消滅する」と記しています(2007年6月17日)。

 そのかたわら、
「誰か若い人でここを借りて面白い事業をやる人はいないのだろうか? もしそういう人が沢山集まって、この空間の可能性を考えたら、きっと魅力的な次の展開がありえると思うのだが……」とも提案しています。

 本当に、私もそう思います。「都内で32番目に危険」という現実を考慮すれば、確かに建て替えは必要かもしれませんが、仮に建て替えるにしても、何か仲見世ならではのやり方があるように思うのです。これを読まれた方、良いプランがあったら、是非、ご意見をください。

柳田由紀子の本/紫


posted by 柳田由紀子 at 00:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 再開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。