2015年10月08日

私の好きな店TOP 5、第5位「鳥房」

 京成立石駅のひとつしかない改札を出ると、目の前にふたつ階段が現れます。左が北口、右が南口。どちらの出口から降りても、鼻先にぷ〜んと揚げ物の香ばしい匂いが漂ってきます。南口にあって、この匂いの主なる発生源は、精肉店「愛知屋」。そして、北口の匂いの正体は鳥専門店の「鳥房」です。

鳥房唐揚げ.jpg

 駅前商店街の北口側にある鳥房も、「宇ち多゛」「栄寿司」同様、メディアに取り上げられることの多い有名店です。また、この店は、ふたつの顔をもっています。商店街に面しているのが、鳥を専門に小売りする鶏肉屋さん。そして、ぐるりと回った裏側が、豪快な「鳥の半身を揚げた唐揚げ」がウリの小さな酒場です。
鳥房.jpg
illustration/山崎まどか

 なーんだ、単なる唐揚げか、と思わないでください。その香ばしさ、モイスチャー度、塩加減……どれをとっても、“鳥の唐揚げのあるべき姿”を、鳥房のそれは具現化しているのです。しかも、値段はたったの600円前後。前後というのは、その日に仕入れた鳥の重さによって価格が決められるからです。鳥房では、この唐揚げのことを「マル」と呼びます。だいたい毎日、大、中、小、3サイズのマルが揃います。
 揚げたての半身は、熱くてさばきづらいのですが、「初めてです」と伝えれば、おねえさんが、半紙や割り箸を使って、食べやすい大きさに分ける方法を伝授してくれます。また、食べきれなかった時は、「持ち帰りたい」と伝えれば、ビニール袋を渡してくれます。




 唐揚げの他に、鳥サラダ(写真左/ササミをさっと湯がいて、お刺身風にしたものを、キュウリや湯通ししたネギと一緒に、マヨネーズで和えたもの)、ポン刺(鳥サラダと同様に下処理した鶏肉を、薄造りにして、タカのツメやネギ入りのポン酢をかけたもの)も絶品です(ともに530円)。
鳥房 サラダ

 また、酒類を注文すると、ツキ出しとして鳥皮煮がサービスされますが、これが大変おいしい。ただし、ツキ出しは、あくまでアルコールを注文した者だけに与えられる”無償の愛”です。いつだったか、私は“超”宿酔いで鳥房に行ったことがあります(宿酔いで唐揚げ喰うか、と我ながら呆れます)。ビールを見るのも嫌だったので、ウーロン茶を注文すると同時に、「あの〜、お支払いしますから、お願いだからツキ出しを食べさせてください」と低姿勢に頼みました。しかし、答えは「不可」。「お酒注文しないとダメよ!」なんだそうです。

 鳥房は非常に混んでいます。週末は3時開店ですが、先日、3時に行ったら即満席になり、5時前には、唐揚げがすっかり売り切れてしまいました。たったの2時間の早業。昔から繁盛していたお店ですが、ここまでではなかった。立石ブームの一端です。
鳥房きょうぎ.JPG

 このように、店内で唐揚げを食すのは日々困難になっていますが、“裏技”があります。表の鶏肉屋で買って、家に持ち帰ればいいのです。確かに、揚げたてをその場で食べるに若くはないのですが、持ち帰り用は、折り目正しく経木で包んでくれますから、包装を開いた途端、木と鳥のなんともいえない香りを楽しめます。ただし、店売りも、最近では早めに売り切れてしまうようですから、あらかじめ電話で予約しておいた方が無難でしょう。

 なお、唐揚げに注目が集まり、鶏肉店サイドの影が薄くなっていますが、どっこいみなみな新鮮で素晴らしい品物です。私は、よく鳥モツを購入して、鳥モツ鍋をこさえます。
torifusalowlow.jpg

 最後に、ひとつ気になることを。
 鳥房は以前からけっこうルールに厳しく、たとえば、靴の脱ぎ場所、コートやカバンの置き位置、注文のし方他、いくつかの掟があります。広くはない店舗に、多くの客がつめかけるのですから致し方ありません。しかし、最近は、おねえさんたちがそのルールを伝える様が、いささかエラすぎるように思えてならないのです。そのため、店内に過度のテンションが張りつめているような……。誰だって、緊張して唐揚げを食べたかぁないヨネ。
 とはいえ、そんな不満を抱えながらも、ついつい我慢できずに寄ってしまうーー“鳥房力”はそれほど強度です。

□ 「鳥房
住所:〒124-0013 東京都葛飾区立石7-1-3
電話:03-3697-7025
営業:平日16:00〜21:00、
土日15:00〜20:30。火曜定休
メニュー:鳥サラダ、ポン刺し、鳥わさ、鳥ぬた=¥530
鳥の半身揚げ(マル)=¥600前後
ビール(大瓶)=¥560、生冷酒、ワイン=¥650




追記:この秋、久しぶりに鳥房に行きました。お店の対応が最低でした。えばりちらしていて、すんでのところでキレそうになりました。私はもう行かないと思います。店売りのお土産を買って平和な宵を送ります。(2015/10/08)





posted by 柳田由紀子 at 20:19| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

40年近く通って、初めて食べた光陽楼の「レバそば」

 今月、帰郷した際に光陽楼の「レバそば」(800円)を食べました。40年近く通って初めて食べたメニューです。
光陽楼

 レバニラ炒めは食べたし、麺にも未練ありーーそんな心境を話したら、おじさんが「うんじゃ、『レバそば』だな。上にかかってんの、レバニラ炒めだからさ」と、いつものように率直でナイスなサジェッション。で、注文したわけですが、そして確かにおいしかったのですが、私は今回限りでいいかな。
 そもそもレバニラは、片栗粉をまぶし油通ししたレバに、タレがまつわりつくのが魅力でしょう。それが、おつゆにひたされると片栗がとろけて、極端な話、レバ丸出しになっちゃうんですよ。そうすると、微妙にモツの臭みが出てしまう。
 レバも、そばもと、欲をかいた私が悪かった。次回は、レバニラには王道のライスでいくと決めた日。






posted by 柳田由紀子 at 18:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

正しく昭和的喫茶店を営む「ルミエール」

 スターバックス、タリーズ、ドトール……最近のコーヒーショップは、格好ばかりつけて、そのくせ窮屈で、私は大嫌いです。
 その点、「ルミエール」は真逆。卓広く、イス大きく、卓同士の間隔あくまで広く。値段だって、コーヒー1杯380円と控えめで、正しく昭和的喫茶店を営んでいます。
 ルミエール、エラい。

ルミエールまどか ルミエール
photo/山崎まどか

 だから、私の東京での打ち合わせ場所はここで決まり。原稿に行き詰まった時も、しばしば使わせてもらっています。




 なお、このお店、故森田芳光監督の『間宮兄弟』にも登場しました。

ルミエール3
店内になぜか立派な電話ボックス。

ルミエール 猫
猫もいます。場所は南口、立石駅通り商店街内。駅徒歩1分。





□「ルミエール」
住所:〒124-0012 東京都葛飾区立石1-20-7
電話:03-3697-4394
営業時間と定休日:今度訊いておきます。
メニュー:コーヒー¥380、レモンティー¥400 トースト¥380、
チョコレートパフェ¥600、ナポリタン¥550、海老グラタン¥600他



posted by 柳田由紀子 at 08:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「文句言いのそば通」が「うまい……ね」と言った「玄庵」

「玄庵」は、「戦中、北口にあった『産業戦士慰安所』」で、戦中戦後の立石遊郭街について語ってくれた貝塚隆雄さんが経営する、手打そば処です(1996年〜)。

玄庵/ソバ.jpg

 ところで、おそばやお豆腐を語る人って多いですよね。私は、おいしくないおそばやお豆腐はわかるのですが、上物となるとちょっと……。なんというか、「そばや豆腐でガタガタ言うない!」って気持ちがどこかにあるのです。




 そこで、「ガタガタ言う」なんてもんじゃない、「文句言いのそば通」を都心から誘いましたよ。このおじさん、「あんまりそば屋のそばがまずいから」と、長野の師匠のもとに足繁く通い、自分でおそばを打っています。ついでに言うと、学生時代に最初にしたアルバイトは、「餃子の王将」で皮を作ることだったとか。要するに、練り物が好きなのね😃。
 おそばを前に、苦虫をかみつぶしたような顔でひとつまみ食べた「文句言いのそば通」氏は、ぼそりと言いました。
「うまい……ね」
 この人、本当にいつも文句ばっかり言っているんです。その人が「うまい」と言ったー−玄庵のおそばはそういう味。

玄庵/鴨.jpg


 なお、玄庵では、「江戸東京そばの会」を主催。
□そば打ちを体験する「体験教室」。
□5日間または10日間でそば打ちを習得する「インストラクター・コース」。
□おそば屋さんを独立開業する人用の「プロコース」。
 などを開催しています。
 上記のコースが実を結び、今では全国に200店以上のそば店が誕生したといいます。いわば玄庵は、それらの店の総本山というわけです。

 場所は立石駅南口。商店街を抜け、奥戸街道を四ツ木方面に6、7分。左側、4階建てビルの中。


□「玄庵」
住所:〒124-0013 東京都葛飾区東立石3-24-8
電話:03-3694-1241
営業:11:30〜15:00、 17:00〜21:00
定休日=火曜日他。詳細は下記HP
メニュー:せいろ¥800、十割せいろ¥950、粗挽きせいろ¥1,000、鴨焼き¥950他




posted by 柳田由紀子 at 07:48| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

モツ焼き「江戸っ子」、おかあさんの引力と重力

 モツ焼き屋の多い立石で、「宇ち多゛」「ミツワ」と並んで“3キング”と称されるのが、呑んべ横丁に隣接する「江戸っ子」です。3軒のうち、どこがベストかって、これはもう個人の好み。

江戸っ子おかあさん.jpg

 けれども、おかあさんの引力(あるいは重力)という点で、江戸っ子に勝る店は他にないでしょう。見てください、このヘアーの高さ、このおしろいのノリ、そして、この紅のくちびるを。まさに向かうところ敵なし。しかも、おかあさん、とっても親切です。開店前から客が並ぶ人気店なのに、偉ぶったところがまったくありません。




 過日、おかあさんとおしゃべりしていたら、「開店は昭和45年」とのこと。万博の年ですね。もっとずっと以前からあったような気がする、そんな引力(重力)のある店です。

江戸っ子/かしら.jpg

かしら(4本、¥320)=串の上の方が赤身、下の方が脂身。


江戸っ子/がつ生.jpg

江戸っ子では、ガツ生(モツ焼き屋の「生」は、基本、一度湯がいてあります)
に「酢ミソ」。これが意外にあうのだ。


 なお、江戸っ子のカウンター・レイアウトは、これぞ「立石美」。写真はあえて掲載しませんので、足を運んでみてください。



□ 「江戸っ子」
住所:〒124-0012 東京都葛飾区立石7-1-9
電話:03-3694-9593
営業:月曜〜土曜 16:30〜21:00
休日:日曜祝日

メニュー:シロ、ナンコツ、タン、
カシラ他のモツ焼き(4本)=¥320





posted by 柳田由紀子 at 14:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

今夏も魚次で鱧(ハモ)

 6月末、アメリカに戻る直前、季節的にはまだやや早かったのですが、魚次さんに無理を言って作っていただきました、鱧(ハモ)の落としとしゃぶしゃぶ。「ハモ〜ビール〜ハモ〜ビール」の幾度とない繰り返しで、腹デブ+泥酔。それでも、しめて¥8,000。優秀!

はも頭.jpg

ハモの頭。ハモしゃぶの出汁に、たっぷり使われている由。


はもしゃぶ.JPG

これを、出汁にしゃぶしゃぶっとね♪♪♪。手前が、麗しきハモの「浮き袋」。
posted by 柳田由紀子 at 16:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

大衆酒場「三富」転じて「あおば」

「三富」は、京成立石駅を背に立石仲見世を出てすぐ左、お祭りの屋台みたいな提灯飾りがうれしい大衆酒場でした。それが、数年前に店主交代、店名が「あおば」と変わり、看板もピンクチックに変身しました。
 そのため、足が遠のきましたが、中に入れば、な〜んのことない、基本、三富さんです。メニューもほぼ同じ。

立石あおば2.JPG


 ただし、新店主は中国の方で、その方と給仕さんが、時に着席の接客をするようになったので、「大衆酒場風キャバクラ」、あるいは「キャバクラ風大衆酒場」になったと言えないこともありません(注・あおばのキャバ嬢は、だいぶ年齢が高め)。




 さて、「あおば」で圧巻なのは品数の多さ。短冊にいささか無造作に記された品書きが、壁いっぱいに貼られている。各種刺身はもとより、アジフライ、ちくわ磯辺、はんぺん、イカ焼き、ナス焼き、もろきゅう……そして、なぜかハムエッグ……その上、鯨ベーコンや煮こごりなんてシブいメニューも忘れていません。
 値段は、どれも300円とか500円など顔がほころぶ金額。

立石あおば2.JPG


 ところで、この店に初めて入る方は少し戸惑うかもしれません。というのも、暖簾をくぐって扉を開くと、お客がじーっと自分を見ている(ように感じる)からです。ちょっとびびります。が、その理由は、テレビが入口扉のすぐ横にあるから。
 慣れてしまえば、このアンバランスなフロアレイアウトもいっそ微笑ましい。


□「あおば」
住所:〒124-0013 東京都葛飾区立石1-20-12
電話:03-3695-0517
営業時間、定休日:今度訊いておきます







posted by 柳田由紀子 at 18:16| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

「Wi-Fiつかえます」ーーサッポロラーメン「北斗」

「まりも」なき後、どこでサッポロラーメンを食べたものか? 
 そんなことを悩んでいたら、駅前北口の線路沿いに「北斗」を見つけました。この店はかつて本奥戸橋のたもとにあったのですが、あまりにも外観がイケてないので遠慮していました。

北斗

 駅前の店も、あいかわらずイケてない外観ですが、思い切って入ったところ、味噌ラーメン(¥600)、おいしかったです。ちょっとしょっぱかったけど、濃い味は立石の特徴ですからね。

北斗WIFI1.jpg


 驚いたのは、この店、「Wi-Fiつかえます」ってこと。漫画本やスポーツ紙が雑然と置かれた店内と、Wi-Fiはかなりミスマッチですが、Wi-Fi不足の立石で、駅前という好立地ともあいまって貴重な一軒。

北斗



□北斗
住所:〒124-0012 東京都葛飾区立石7-1-15
電話:03-3697-5737
営業時間:??? 日曜定休
メニュー:ラーメン=¥550、味噌ラーメン=¥600、餃子=¥400、ビール=¥500









posted by 柳田由紀子 at 08:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

魚次のバニーガール

 私、大学時代、赤坂の旧山王ホテルで米兵相手のバイトをしてました。そのバイト面接時、英会話にパスしたら、担当者がいきなり、
「バーでバニーやりますか? 食堂でウエイトレスやりますか?」
 って。純真だった私は、
「バニーなどとんでもない」
 と、ウエイトレスになりましたが、今思えばやっておくべきでした。四十代じゃできない商売だものーーそんな話を、以前、和食「魚次」のお嬢さん、きみえちゃんにしたことがありました。
 すると、なんとこの冬、予約日に魚次に行くと、きみえちゃんはバニー・スタイルで迎えてくれました。強烈でした。ありがとう……。
魚次きみえバニー.jpg

 バニーは要予約。都合によりお受けできないこともありますの由。


タグ:立石 魚次
posted by 柳田由紀子 at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大将は一心太助、寿司屋の「江戸安」

 東京で編集者をやっていた頃の私は、まるで夜光虫のような生活を送っていました。あの頃、大変お世話になったのが、深夜営業のお寿司屋さん、「江戸安」でした。
 このお店の魅力は、なんといってもご主人です。きびきびとした身のこなしや話し方、接客態度が、実に気持ち良い。私は、この人を見ていると、いつも、義理人情にあつい江戸時代の魚屋さん、一心太助を思い出します(って、一心太助に会ったことないけど)。




 この6月、寄らせてもらった際には、好きなものを8貫食べて2,000円弱。良心的な値段です。それなのに、たとえば、アジを注文すると、「触感が良い方がいい? それとも、味にコクがある方がいいかい?」と、わざわざ尋ねてくれました。絞めた時間によって、触感や味が違うというのです。私は、「触感」を選びました。そのアジの、実においしかったこと。こりこりして新鮮で。
 場所は、呑んべ横丁の横、モツ焼きの江戸っ子の隣です。場所が場所だし、遅くまで開いているので、「もしかして高い店?」と警戒しがちですが、ご安心ください。


□「江戸安」
住所:〒124-0012 東京都葛飾区立石7-1-8
電話:03-3695-6973
営業時間:18:00〜2:00(ラストオーダー=1:30)。日曜祝日定休






posted by 柳田由紀子 at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。