2012年12月01日

立石のオールディーズがわかる「おおうら薬局」の壁面写真館

 近頃では行列のできる飲食店が並ぶ立石仲見世。でも、仲見世で賑やかなのは駅に近い半分で、小さな十字路を越えた辺りから徐々に人通りが減ります。「おおうら薬局」は、そんな一角にある薬屋さん。

おおうら薬局


 おおうら薬局の看板下には、オールディーズ、かつての立石のモノクロ写真が数十枚飾られています。戦中、集団疎開に出発する立石の児童たち、まだ澄んでいた頃の中川で釣りに興じる人々、木造平屋だった立石駅……。

雪の立石駅


 私が特に好きなのは「雪の立石駅」の写真です。とても文学的で、『綴方教室』が書かれた頃の駅かしらとか、この日、ホームを乗り降りした人たちはどんな一日を過ごしたのだろうなど、様々想像がかき立てられます。

 写真は外に掲げられているので、薬局が閉まっていても見られます。

おおうら薬局 
住所:〒124-0012 葛飾区立石1-17-11
電話:03-3695-6939









*なお、おおうら薬局とは関係ないのですが、立石のそば処「玄庵」ご主人、貝塚隆雄氏(昭和8年/立石生まれ)提供の写真を以下に掲載します。

友禅流し中川の風物詩
中川、戦後の風物詩、友禅流し。


中川 28年頃の中川
28年頃の中川。


理容所グランド
同じ頃の立石情景。


柳田由紀子の本/紫
posted by 柳田由紀子 at 05:26| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葛飾の技を展示即売、「葛飾区伝統産業館」                                 

伝統産業館.jpg 江戸切子、江戸和竿、江戸べっ甲、それに、東京銀器東京桐箪笥、東京手描友禅など……葛飾区内で育んだ伝統の品々を展示、即売しているのが、立石駅通り商店街北口にある「葛飾区伝統産業館」です。この建物を管理、運営するのは、葛飾区で腕をふるう職人の集まり「葛飾区伝統産業職人会」。ですから館員や販売員は、職人の方ご自身か、そのご家族。葛飾の伝統工芸について、現場の話を聞くには格好の施設です。




 館内には、打刃物、切子、手ぬぐい、漆器、銀器、竹工芸、仏壇(「東京仏壇」という仏壇作りの流派があるようです)他が、所狭しと陳列されています。denntoukoigei.kiriko.jpg「きれいだなぁ」と思ったのは、江戸和竿江戸切子。切子はともかく、魚釣りにまったく縁のない私は、竿がこんなに美しいものだとは知りませんでした。
 正直いうと、展示方法が雑然としているのがやや残念。また、葛飾区の工場は、昔からたくさんおもちゃを作ってきただから、昭和を彩ったそんなおもちゃを年代順に展示してもいいのではと感じました。
dentoukougei.wasao.jpg

 なお、「葛飾区伝統産業館」では、毎月第3土曜日に伝統産業体験教室を開催しています。「提灯に名入れ」「小鉢にカットを入れる」「竹の茶杓づくり」などで、参加費は材料込み・2,000円。もちろん、職人さん自らが教えてくれるそうです。「提灯に名入れ」なんて、ちょっと心をそそられますね。

 帰りがけ、レジ横に可愛いタワシを発見。タワシも、葛飾が誇る伝統工芸の由。私もひとつ買い求めました。愛くるしい葛飾タワシは、現在、アメリカの我が家で活躍中です。
□ 葛飾区伝統産業館
住所:東京都葛飾区立石7-3-16
電話・ファックス:03-5671-8288
開館時間:11:00〜18:00。月火休館

柳田由紀子の本/紫
posted by 柳田由紀子 at 05:01| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手を上げれば、温泉行きーー「東京天然温泉 古代の湯」

古代露天.jpg 立石には、市バスの他に不思議なマイクロ・バスが走っています。バスには、「古代の湯」の文字がーー。そう、このバスに乗れば、無料で「東京天然温泉 古代の湯」に行くことができるのです。しかも、駅前からバスで、ほんの5分から10分の距離。

 古代の湯がオープンしたのは、2001年。当初は大変混雑していたのですが、最近はそれほどでもありません。つまり、以前に較べて空いてきたわけですが、しかし、スタッフの数は多く、清掃やサービスがとてもゆきとどいています。




古代の湯/檜.jpg 古代の湯の発表では、温泉=41・8度、湧出量=毎秒250リットル、泉質=ナトリウム塩化物弱塩温泉。循環ろ過式で、加水、加温もしています。浴槽は、露天、檜、歩行用(下に石が敷いてある)、スチームサウナ等。源泉掛け流しというわけではないので、実際、浴槽によっては、いささか消毒臭が強い湯もあります。しかし、露天風呂の湯などは、茶色+しょっぱい、東京の温泉の特徴を示しています。

古代宴会場.jpg また、韓国式あかすりやマッサージのサービス、宴会場、リラックスルーム、仮眠室(朝まで滞在可)も完備。宴会場には、立派な舞台があり、演歌系歌手のショーや、一般客のカラオケに使われています。カラオケの騒音がいささか気になりますが、料理は意外に良くて、500円から1000円で刺身、モツ鍋、枝豆他のおつまみを、また、お寿司やハンバーグ定食(確か1000円前後)といったマジめしも食べられます。お寿司、期待しないで注文しましたが、案外イケたです。

古代バス.jpg 無料送迎バスは、新小岩、亀有、青砥、金町の各駅と古代の湯を往復。立石には、青砥〜古代の湯間のバスが、時間帯によって1時間あたりおおむね2〜4台通過します。バス停は取り立ててなく、「手を上げれば停車する」という極めて立石らしいお気楽で脱力なスタイル。

 モツ焼き、温泉、元赤線……立石って、やっぱり凄い街。

□ 東京天然温泉 古代の湯
〒124-0022 葛飾区奥戸4-2-1
電話:03-5654-2611
営業時間:10:00〜翌朝8:00
料金:大人¥2,565 、子ども¥1,260
毎週レディースディ、メンズディ、感謝ディ=¥1,260
(曜日要チェック)

柳田由紀子の本/紫
posted by 柳田由紀子 at 04:57| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | その他の店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家人の大好物は、「愛知屋」のメンチカツ

 私の夫は、アイルランド系アメリカ人で、立石には1年ほど住んだことがあります。彼は、天ぷらも焼き鳥もサバの味噌煮もタクワンも好物なのですが、なんといっても大好きなのが、立石駅前にある精肉店「愛知屋」メンチカツ立石に暮らしていた頃は、学校帰りに毎日愛知屋に寄り、メンチカツを買っていたそうです。

愛知屋


 今、家人は日本を訪れる度、成田空港から立石駅に着いたその足で、南口の愛知屋を目指し、メンチカツ(1個=130円)を購入。その夜のビールのおつまみにするのが習慣になっています。メンチが酒の肴というあたり、やはりアメリカ人、こってり好みです。

愛知屋


 愛知屋のファンは、無論、彼だけではありません。時分時ともなれば、店の前には長い行列ができます。メンチの他に、コロッケ、ハムカツ、レバカツ、アジフライ、イカフライなどがあり、冬には、これにカキフライも加わります。

愛知屋


 実をいうと、私の実家はかつて精肉店を営んでいました。つまり、私は元肉屋の娘です。その元肉屋の娘が、愛知屋さんの牛肉を見て、ほれぼれすることがあります。100グラム800円や900円の牛肉は、庶民の街、立石ではなかなか売りづらいのですが、愛知屋さんは、いつもがんばってそういう高級な牛肉をケースに並べています。また、牛肉としてはもっとも安い牛コマ(牛肉のコマ切れ肉)も、愛知屋さんのものは大変質が高い。すき焼きにしても充分いけるほどの品質です。

愛知屋


 思うに、愛知屋メンチカツがおいしいのは、こうした牛肉が入っているからではないでしょうか? たとえば、100グラム800円や900円の牛肉だって、売れ残ってしまえば最終的にはメンチになる。高級牛が入る割合は、日によってもちろん異なると思いますが、とにかくそんな事情が、愛知屋メンチを他店の追随を許さないものにしているのだと思います。

柳田由紀子の本/紫


 また、早朝に立石駅に向かうと、愛知屋から、タマネギを調理しているなんともいえない良い匂いが漂ってきます。これは、朝早くから丹念に仕込みをしている証拠。手抜きをしない執念のようなものが伝わってきます。

 夫は、立石からアメリカに帰る際、必ず愛知屋メンチカツを20個ほど購入し、アメリカまで持ち帰ります。また、私の実家の者がアメリカに来る際にも、「メンチカツ、オミヤゲ、クダサイ」と頼みます。彼は、それらのメンチを冷凍庫に保管し、次回メンチカツをゲットできるまでの日にちを緻密に計算して、少しずつ大事に、大事に食べます。
 そんなわけで、アメリカの我が家の冷凍庫には、今日も、丁寧にアルミホイルにくるまれた愛知屋のメンチカツが鎮座しているのでした。

□愛知屋
住所:〒124-0013 東京都葛飾区立石1-19-4
電話:03-3691-1259
営業:8:00〜20:30。揚げ物は10:30〜。水曜定休(火曜に休むことも)
揚げ物リスト:メンチカツ¥130、コロッケ¥80、ハムカツ¥80
レバカツ¥100、アジフライ¥130、イカフライ¥100、豚カツ¥250
ロースカツ¥300、ヒレカツ¥350、カキフライ(冬期のみ)









posted by 柳田由紀子 at 04:25| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

「呑んべ横丁」から徒歩3分、銭湯「アクア ドルフィンランド」

アクアドルフィン露天.JPG 栄湯、草津湯、福の湯……かつては立石にたくさんあった銭湯も、ひとつまたひとつと消えていってしまいました。寂しい限りです。
 そんな中、奮闘しているのが銭湯「アクア ドルフィンランド」です。旧名は天徳湯。建物をスーパー銭湯化した際に、名前も「アクア ドルフィンランド」と改名しました。
 「アクア ドルフィンランド」のウリは2つ。
1) 呑んべ横丁から歩いてたったの3分。
2) 軟水使用。
 軟水とは、カルシウムやマグネシウムを取り除いた水のこと。
「これらの成分が入っている水は、石鹸と反応して毛穴をふせいでしまう」と、「アクア ドルフィンランド」の掲示板は説明します。




 つまり軟水を使用することで、
◆肌がつっぱらず、ツルツルスベスベに。
◆皮膚の新陳代謝が活発になり、血行が良くなる。湯ざめしにくい。
◆刺激が少ない水なので、アトピー性皮膚炎を含め皮膚の弱い人も安心。
 以上の効用があるそうです。
 実際、私も「アクア ドルフィン」に入浴した後は、肌がしっとりするのを実感します。

 浴槽は、中央の大風呂、薬湯、水風呂、打たせ湯、それに半露天風呂。
 大風呂は、バブルバスが充実していて、横たわりながら全身をマッサージすることができます。しかも、正面にはガラス越しに大型テレビが2台。夕方早めに「アクア ドルフィンランド」に行き、バブルに包まれながら大相撲中継など見ていると、心から幸せな気分になります。
アクアドルフィン.JPG 薬湯は、その日によって内容が違うので、こちらも楽しみ。
 また、普通の銭湯料金で、半露天風呂に入れるのもうれしいことです。
 階段を上がった2階にはサウナがありますが、こちらは別料金。他の浴槽で充分なので、私自身はサウナを使用したことがありません。

 場所は立石駅北口。呑んべ横丁を通り抜けて、コンサートホール「シンフォニーヒルズ」(元葛飾公会堂)に向かう途中。線路を背にして右側です。
 「飲む前にひとっ風呂」するには、うってつけの銭湯

□アクア ドルフィンランド
〒124-0012 東京都葛飾区立石7丁目16―3
電話:03-3693-2641
営業時間:平日・土日祝日=午後3:00〜翌朝12:30
定休日=木曜日(但し、木曜が祝日の際は営業)
料金:大人¥450 、中人¥180、子ども¥80、サウナ込み=¥720



柳田由紀子の本/紫
posted by 柳田由紀子 at 20:58| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他の店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。