2013年11月02日

アナウンサーの吉田照美氏も立石出身

「週刊文春」10月24日号を読んでいたら、「新 家の履歴書」のコーナーにアナウンサーの吉田照美氏が登場していて、立石出身とありました。
吉田照美

「生まれてから小学校二年の夏まで、親父が勤めていた小さな製紙会社の社宅に住んでいました。葛飾区の本田立石。中川の土手沿いです。」「葛飾小学校に入学」や、「血を売るために血液銀行に並ぶ大人たちも覚えています」とありますから、線路の北側ですね。

 おもしろかったのは、吉田さんが住んだ社宅にはお風呂があって、「それが、男女混浴なんです。ーーいま思うとすごいですよねぇ、同僚の奥さんの裸を見ているんです」。

 また、吉田さんは「船の家」の記憶が鮮明だと語っています。「中川に十数隻繋留してあって、幼稚園の幼馴染みも家族で住んでいました。たぶん、その後、東京オリンピックで立ち退きになったんだと思います」。
 私はオリンピックの前年、1963年生まれですが、「船の家」の記憶が明確にあります。奥戸橋の袂に、そうですね、5、6隻だったかしら。だから、東京オリンピックですべてが立ち退かされたわけではないと思う。
 そういえば、以前、団鬼六さんをインタビューした際、立石の中川の船に乗ってよく釣りをしたと語っていました。インタビュー時には、東てる美さんもいらしたのですが、「先生とは昔、冬の中川で鯉を捕ったりしたわよね。船の中で炬燵に入って、鯉コク作ってもらってさ」とも。団さんと東さんの炬燵で鯉コクーーなんだかとっても濃厚だなぁ。



posted by 柳田由紀子 at 15:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 立石のその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。